ノトカクタス属 (Notocactus)
獅子王丸 (種子No.3098)
Notocactus submammulosus
var. pampeanus



投稿日:2013/10/16(Wed)
第51回の実生報告をします。
蒔いた日:2012年5月19日
撮影日:2013年10月16日
3098:獅子王丸    26株
昨年までは発芽後最初の植替え後くらいから腰水を止め、他の成株と同様の育て方をしていましたが、あまり生長が見られませんでした。
今年は、この2年めの苗も3年めの苗も一緒に、衣装ケースに入れ腰水で春夏秋と通しています。夏からは蓋をずらして暑くなりすぎないように気をつけています。水に藻が生えますが時々洗って取り替えています。鉢土にも苔等生えますが、今のところ生長に問題はないようです。大きくならないうちにピンセットでつまんでます。この1年でだいぶ大きくなりました。しばらくこの方法でやってみようと思います。
*衣装ケースは他のさぼと同じ場所(農業用ハウスの片隅に、ちょっと高床にして棚を作ってあります。冬はビニル等で覆い、灯油で5℃以上にしています)に。冬もこの衣装ケースをハウス内に置くかどうかは考え中です。
写真提供 rie さん
すみれ丸 (種子No.3232)
Notocactus ubelmannianus



投稿日:2012/11/28(Wed)
第52回(8/25播種) → 11/11現在
8/30発芽確認@ → 3/26
〈用土〉
底石に中粒・小粒の順に入れ、その上の「種まき用土」をフルイで微塵粉を除いたもの。種が細粒のものには、表面の土に若干微塵粉を加えた。殺菌は、熱湯消毒を行う。
〈水やり〉
今回、腰水発芽に挑戦。発芽したあと、一日明け、その後三日間腰水。あとは、土の表面が乾いたときに、うえからスポイドボトルでの水やり。
写真提供 みだれ髪 さん
 

実生記録_MENU ノトカクタス属 目次


更新記録プロフィールリンク
会員名簿種子交換(プレゼント)種子リスト
実生方法実生報告多肉植物サボテンの花

 HOMEサイトマップお問い合わせ掲示板